セリフ集201~300

201『カハハハ!不幸こそが我がエネルギー…負の感情こそが我が幸せ!そこの小娘…我の餌になる事を幸せに思え…お前は今から我と一心同体…これほど光栄な事は無いぞ?喜ぶがいい』

202『な、なんでよぉ!わ、私だってお兄ちゃんと遊びたいのに…次は私と遊んでよぉ!かまってくれないと…拗ねちゃうよ?』

203『よく聞け…お前は俺のものだ…他の野郎を見る事なんて許さねぇ…お前は黙って俺についてくれば良いんだ…お前の全て…俺がもらう』

204『余り舐めないで!私だって戦えるの…私だって立ち向かえるの!確かに今まで私は立ち向かおうともせず、ずっと逃げ回ってた…でも今は違う!私には帰るべき場所だって有るし護るべき仲間もいるの!』

205『俺に近寄るな!お前はあいつを傷付けた…絶対に許さない…お前の気持ちはわかってるさ…だけど…どんな理由があってもあいつを傷付けるのは俺が絶対に…許さない』

206『貴方が欲しい…貴方の身体も…心も…全部全部欲しい!貴方の事が狂おしいほどに愛しいの…貴方の事しか考えられないの…だからさ…私の物になってよ』

207『安心しな…例えお前がミスしても俺達がカバーする…例えお前が挫けても俺達が支えてやる…少しは俺達の事を信用しろや…お前の後ろには俺達が居るんだから』

208『お兄ちゃん…その女の人だれ?酷い…私がお兄ちゃんの事好きって知ってる癖に…私だって女なの!私だってお兄ちゃんの事をずっと見てきたのよ…なんで…なんで妹だからって諦めなくちゃいけないのよ!』

209『ふざけるな…死者はどう足掻いても生き返んねぇ…例えどれだけ涙を流そうが例え俺が代わりに命を落とそうが…生き返るわけがねぇ…もしも生き返るならいくらでも涙を流すしこの命だってくれてやる』

210『なんで…貴方はそんな事が出来るのよ!彼は私の大事な人…彼が私を救ってくれた…彼が私に生きる意味を与えてくれた!お願いだから…私の大事な彼を返してよ!』

211『もう君は帰ってこない…いくら俺が頑張っても…なにをしても…その現実は変わらない…それはわかってる…でも…例え意味ないとしてもそんな簡単に諦められる訳ないだろ!絶対俺は君にもう一度会ってみせる』

212『貴方にはわからないよ…わかる訳無いよ…私の気持ちなんて…私の想いなんて…私は貴方に会う為にここまで来て…貴方の前に居るの…どんなに私が頑張って貴方について行こうとしても…貴方の中に私は居ない』

213『お嬢様…どうしましたか?顔色が悪いようですが…熱はないようですね…これはいけない…もっと顔が赤くなってしまった…さぁ…お嬢様…私の手をおにぎりください…寝室までお連れします』

214「そんな顔してどうした?お前の道は俺が決める…お前の事は俺が護ってやる…だから俺の隣で…俺の為に笑ってろ…お前のその真っ白な心…俺色に染め上げてやる」

215「元気だして…貴方なら大丈夫…私が隣に居るから…一緒に居てあげるから…貴方は私が支えてあげる…貴方は独りじゃないんだから…だから…前を向こ?先に進も?そのまま立ち止まってちゃ…何も変わらないよ」

216『どうして…あの子は何もしてないのに…何も悪くないのに…あの子があんな目に会うくらいなら…私があの子の代わりに…消えればよかった!ねぇ…もし神様が居るとしたら…どうしてあの子を奪ったの…ばか』

217『気づかなかった…お前の想いに…お前はずっと…ずっと俺だけを見ていたのに…俺はそれに気づかなくて…お前を失うまで自分の想いにすら気づかなくて…くそっ…どうして…かえってこいよ!』

218『なぁ…そいつ誰?なんでそいつと歩いてるの?お前は俺の物だろ?なんで?答えろよ…お前の好きな人は俺…そうだろ?そうだって言えや…さっさとそいつから離れろよ…こっちこい…誰がお前の御主人様か…その身体に刻みつけてやる…恐怖と言う形でな』

219『貴方と私が一緒に過ごしたあの幸せな時間…貴方が私に囁いた…愛の言葉…貴方がくれた全てが…私に勇気をくれる…元気をくれる…もう…貴方には会えないけれど…貴方がくれた全ては…私の中にある』

220『なんでお前はいつもいつも…そうやって嘘をつくんだよ!?何が大丈夫だ!?何が心配しないでだ!?そんな泣きそうな顔で言われても…信じられる訳ないだろ!お前の全てを俺が背負うから…嘘をつくなよ』

221『ねぇ…どこ向いてるの?貴方が見ていいのは私だけ…何回言ったらわかるの?貴方は私の物で…私は貴方の物…そうでしょ?だって私は貴方が好きだから…狂おしいほどに好きだから』

222『みんな!私の名前は〇〇!世界を護るために遥か遠くの国からやってきた伝説の魔法使いよ♡私の魔法を受けて立っていた人は居ないんだから♡私の事♡覚えてね♡』

223『右手には光を…左手には暗黒を…我が肉体に宿りし鬼神の末裔よ…我は鬼神の力を望む…光と暗黒…矛盾が生み出すハーモニー…「カオス・オブ・ソーサリティ」』

224『まだ諦めてないのか?お前は主人公じゃないんだよ…ただの脇役だ…脇役は脇役らしくストーリーに描かれてない所でひっそり倒れてろ…くやしかったら主人公にでもなってみろよ』

225『ほら…こっちきなさい…ふふっ…白い肌…貴方の血で真っ赤に染めたくなる…逃げないで?私が貴方をぐちゃぐちゃにしてあげるから…快楽に溺れさせてあげるから…だから…私の隣に居なさい』

226『ねぇねぇお兄ちゃん…構って!構ってってばぁ!お兄ちゃんのケチ!構ってくれても良いじゃん…お兄ちゃんなんかもう知らないもんね!ふんっだ!許して欲しかったら…かまってね?』

227『僕の瞳に映る君は…いつだって笑顔で…いつだって悲しそうだった…君の満面の笑みの中の瞳から流れた一筋の涙…その涙が僕に真実を見せてくれた…僕は君を救いたい…僕の隣で笑って欲しい』

228『くそっ…どうして…なんで…ふざけてんじゃねぇぞ!あいつが一体何をした!?いつもいつもお前らの思うとおりに行くと思ってんじゃねぇぞ!あいつは俺が助ける…お前ら全員あいつには近寄らせねぇ!』

229『なんどもなんども春が来て…その度に君を思い出す…ねぇ…知ってる?君が居てくれたから私は今ここに居るんだよ?君が私を護ってくれたから…私は壊れなくて済んだんだよ?お願いだから…戻ってきてよ』

230『私が居たからだ…私が居たからあの人は傷ついたんだ…私が居たから…あの人はもう…目を覚まさないんだ…私さえ居なければ…こんな事にはならなかったのに…どうして神様はこんなに…優しくないの』

231『大丈夫…安心して…僕が君の隣に居てあげるから…君はピエロなんかじゃない…もう…一人で背負わなくても良いんだよ…僕が君の身体にまとわりつく鎖を…解いてあげるから』

232『なんで離れていくの…約束した癖に…離れないって…消えないって約束した癖に!嘘つき…もう…何も信じられない…信用して裏切られるなら…もう信じたくない…ねぇ…どうして離れて行くの…答えてよ』

233『いつまでも続くあの地平線…空から流れた一筋の小さな流れ星…その下で…僕は君に愛を届ける…君が好き…君が大好き…僕と一緒に…同じ道を歩んで欲しい…これからも…よろしくね』

234『我儘でごめん…弱虫でごめん…嘘つきでごめん…君の想いはわかってた…わかってた筈なのに…納得できないよ!こんなの…ひどすぎるよ!お願い…お願いだから…どこにも行かないで』

235『過去なんて変えられないし…未来なんてわからない…誰といつどこで会うかなんて…僕にはわからない…だからこそ僕は1つ1つの出会いを大切にしたいんだ…君と僕が出会った事…それだけの事でも…奇跡なんだよ』

236『ほら…その目を見開き…身体で…心で…快楽の底に落ちろ…全身で俺を感じろ…お前の全てを俺に捧げろ…お前はもう俺の物…二度と離さない…逃がさねぇよ…早く…早く俺に溺れろ』

237『嘘つき!離れないって…ずっと一緒だって言ってたじゃない!なのに…なのにどうして離れていくの!?嫌だよ…離れないでよ!もう誰かが離れるなんて考えたくない…信じてたのに…どうしてよ』

238『大丈夫…安心しろ…あいつを信じろ…あいつは帰ってくるって約束したんだろ?ならあいつは帰ってくる…そう言う奴だ…奇跡ってのは待つもんじゃないんだよ…起こすもんなんだ…だから…な?笑えよ』

239『嫌だ!貴方が居ない世界なんて考えられない…どうして私を護ったりしたの!?私の想い知ってる癖に…どうしよう…涙が止まらないよ…ねぇ…最後に1つだけ聞かせて?貴方は…私が好き?』

240『これが最後なんて…そんなの認められないよ!助かる方法はないの!?貴方が苦しい思いをしてるなんて…辛い思いをしてるなんて…そんなの嫌だ!さよならなんて…そんな言葉要らない!』

241『たかだかその程度の軍勢で我が50万の軍勢に立ち向かう気か?はっ!笑止千万!その程度の軍勢で適う程我の軍勢は弱くないわ!虫酸が走る…我が軍勢よ!奴らを蹂躙せよ!』

242『愛してる…この言葉も…もう君には届かない…君に会えてよかった…君と一緒に居れてよかった…今まで…私の隣に居てくれてありがとう…私を護ってくれてありがとう…私…忘れないから…君の事忘れないから』

243『お願い…笑って?私の事は心配しなくて良いから…貴方のそんな顔なんて見たくない…最後にくらい…貴方の本当の笑顔を見せてよ…貴方がそんな顔をしていると…私だって…涙が溢れてくるじゃない』

244『そなたの犯した罪は許されんことだ…天に刃向かい…世を乱れさせ…人を迷わせた…でもそれは全て我らの為…安心しろ…我らの心にそなたの想いは…しかと届いておる…だから…安らかに眠るがいい』

245『辞めて…さよならなんて…ありがとうなんて…そんな言葉聞きたくない…貴方にとっての私って…そんな軽い存在だったの?お願い…諦めないで…絶対帰ってくるって…約束して』

246『桜舞う校舎の裏…君は猫と戯れてた…無邪気な君の横顔…それはまるで太陽の様な輝きを放ってた…だからかな…僕が君に惹かれたのは…君の姿を見た時…その時…僕の心に君という1輪の花が…咲いた』

247『ねぇねぇ…そこの貴方…いい身体してるわねぇ〜…どお?私の男にならない?私の男になれば…退屈しないわよぉ?私のものになりなさいよ…ねぇ?貴方の身体が欲しいの』

248『ありがと…貴方が今まで…私を護ってくれてたんだね…私を救ってくれてたんだね…貴方を失ってからやっと…やっと気づいたよ…もう…貴方には会えないけれど…大丈夫…私の中に…貴方は居るから』

249『おやすみ…ゆっくり休んで?貴方は世界を救ったの…私達を救ってくれたの…頑張ったね…だけどもう…頑張んなくていいんだよ…貴方の想いは私が引き継ぐから…貴方が果たせなかった夢は私達が果たすから』

250『どうしたんだい?君がこれを望んだんでしょ?そんなに顔をぐしゃぐしゃにして…ほら…もっと叫んで?もっといい声で鳴いて?痛みと快楽は紙一重…いつか痛みは快楽へと変わるからさ』

251『僕に挑んでくるなんて…そんなに死にたいの?いいよ…今だけは特別…この僕直々に相手してあげる…だけどさ…死ぬ覚悟…できてるよね?精々無様に足掻いて…僕を楽しませて?君の体から溢れる鮮血でさ』

252『もう逃がさないよ…君は僕の手のひらで踊る…哀れなマリオネット…哀れなマリオネットは操られなきゃ…動けない…わかるよね?この意味…君はもう僕なしじゃ生きていけないんだよ?ほら…こっちきて』

253『やめてよ…拳銃なんて…そんな物騒な物向けてさ…拳銃ってのはね?人を傷つける武器じゃなくて…人を殺す道具なんだよ?それに…僕に拳銃は効かない…だって僕は化け物だからね』

254『大丈夫…君の力…思考…行動パターン…全部…全部見させてもらったから…だから君は僕には勝てない…勝てる訳が無い…これは予想や予言…そんな曖昧なものじゃないよ?僕が決めた確定事項だ』

255『逃げるのが無様だって?余り笑わせないでよ…弱いから逃げる…これは当たり前の事でしょ?僕はね…自分が弱いって事をわかってるんだ…だからいくら無様と罵られても…勝つ為に逃げを選ぶんだ』

256『余り私を舐めないで!あの人の事は私が1番わかってる…貴方になんて負けない!だから…だから私の大切なあの人を返してよ…あの人の為なら私はこの身を捧げる…あの人だけは笑っていて欲しいの』

257『ったく…いつまでそうやって泣いてるつもりだ?泣いたってあいつは帰ってこねぇよ…悲しむだけだ…あいつの事想ってたんなら…笑ってやんな…それだけであいつは幸せなはずだ』

258『そんなに僕に遊んで欲しいの?おいで?遊んであげるから…君は簡単に壊れないでよ?君みたいに挑んできても直ぐに皆壊れちゃってつまらないんだから…ねぇ…君は僕を満足させてくれる?』

259『魂にはそれぞれ個性が有り…力が宿っている…ゆえに魂はその人間そのものと言っても過言ではない…我の能力は魂を食う事で魂に宿る力を我の物にする事…貴様の魂も…我が頂く…貴様は我の力となるのだ』

260『また会えたな…貴様はもう既に死んでいると思っていたが…まだ生きていたか…死に損ないが…俺が貴様に引導を渡してやる…あの時取り逃がしたその命…今こそ散らしてやる』

261『大丈夫だ?そんな顔でそんな事言われたって信用できるわけ無いだろ…隠すなよ…我慢するなよ…俺…知ってるんだよ…お前が泣いてるって…俺達に隠れて無理してるって…泣くなら俺の所に来い…抱きしめてやるから』

262『ったく…早くこっちに来いよ馬鹿!お前今の状況わかってんのか?お前は女で自分の身を護る力はないんだ…俺の隣に来てくれねぇと護れないだろうが』

263『ねぇ…知ってた?私がどれだけ貴方を想っていたか…貴方と一緒に居れて幸せだったか…ありがと…ずっと一緒に居てくれて…あれ?おかしいなぁ…最後くらい…笑っているつもりだったのに』

264『私の事は気にしないで…大丈夫だから…何言ってるの…私は…私は貴方が大嫌い!ほら…貴方の大切な人の所に行ってあげなさいよ…絶対彼女は待ってると思うから…早く行きなさいよ』

265『にゃんにゃんにゃん♪御主人様?どうしたのかにゃ?そんなにこっち来たいなら来るといいにゃ♪ぎゅーっにゃ♪』

266『君を見ているだけで胸が熱くなってくる…君の隣に居るだけで君の事しか考えられなくなる…こんな気持ち初めて…君が私に教えてくれたこの気持ち…君を想うだけで…この気持ちが溢れてくる』

267『こ、これ…チョコ…な、なにボケっとしてるのよ!早く受け取りなさいよ!ほらっ!その…今日は…バレンタインじゃん?だ、だからさ…頑張って作ったの…あ、貴方にしかあげてないんだからね!』

268『なんで貴方はそうやって笑えるの?私知ってるのよ!?貴方が私をずっと護って…私の代わりに酷い目にあってきた事…ねぇ…貴方が辛い目にあうなんて嫌なの…もう護らなくて良いから…私の隣に居て』

269『ふふっ…残念だなぁ…貴方は私を裏切らないと思ってたのに…悪い子にはちゃんとわからせてあげなきゃね…ああ…逃げちゃうの?しょうがないなぁ…逃げられないように足を貰ってあげる』

270『ったく…お前鈍感すぎ…まだわかってねぇの?俺はお前が好きなんだよ!他の誰にも渡したくねぇ程…お前の事が大好きなんだよ…わかったか?俺の想い…お前の想いも…聞かせてくれないか?』

271『お嬢さま…こんな私めがお嬢さまに対してこの様な感情を抱いてしまった事…どうか御容赦下さい…ですが私めはお嬢さまの隣に居たいのです!お嬢さまのお側で…お嬢さまを見ていたいのです…』

272『嘘つきでごめんね…本当は私…もう長くないの…貴方にそんな顔させたくないから…ずっと黙ってた…私だって…私だって死にたくないよ!もっと貴方と一緒に居たいよ…でも…お別れだね…今まで…ありがとね』

273『こんなに貴方を想っているのに…もう…貴方は目を覚まさない…どうしてかな…なんで…なんでこうなっちゃうのかな…貴方と一緒にいた日々は暖かくて…毎日が楽しかった…だけど…貴方はもう居ないんだね…』

274『なんでなの…やっと…やっと貴方と一緒に居られると思ったのに…やっとこの想いが伝わったと思ったのに!やだよ…お願い…どこにも行かないで…ずっと…ずっと私の隣に居てよ』

275『泣かないで?私は大丈夫だから…相変わらず君は心配症だね…ほら…君には君の…やるべき事があるんでしょ?私は君の隣にいる…約束だよ…だから…ね?涙拭いて…今を楽しも?』

276『ねぇねぇお兄ちゃん!あのねあのね!これあげる!これね、ママに作り方教えてもらって頑張って作ったの!おいしい…かなぁ?えへへ…お兄ちゃんだぁい好き!』

277『ごめんね?この手紙を君が読んでる頃にはもう私は居ないと思う…最後の最後まで君には迷惑掛っぱなしで…あのね…君に伝えたい事が有るから…この手紙を書いたんだ…君が好き…大好き…そして…さよなら』

278『大丈夫…安心して?私はここにいるから…もう…どこにも行かない…貴方とずっと一緒だよ?だから泣かないで…そんな顔しないで…貴方に涙なんて似合わない…私がそれを1番知ってるもの』

279『どんなに貴方が人を突き放しても…例え貴方がどんな事をしても…私だけは貴方の傍に…隣に居ます…だから笑ってください…私だけは…ずっと…ずっと貴方の味方です…』

280『また無茶しやがって…なんでお前はいつも1人で頑張る!?なんでお前はいつも誰にも話さない!?お前が無茶をするなんて…誰も望んでないんだよ…俺がお前を支えてやるから…1人になるな』

281『お前…いつもいつも隠れて泣いてるだろ…俺がわからねぇ訳ねぇだろうが!お前の涙なんて…もう見たくないんだよ…泣くんだったら俺の胸で泣け…抱きしめてやるから』

282『ははっ…ごめんね?これから僕と君との物語が始まると思ったのに…もう…終わっちゃうなんて…まだまだ君と一緒に居たいけど…お別れだね…最後に君に会えて良かった…大好きだよ…さよなら』

283『この広い世界の中…私1人の命なんてちっぽけで…物凄く軽い物…貴方はどうかな?ただ流されて生きるだけ?それとも…抗う?私は疲れた…例え私が消えたとしても…それでも世界は回り続ける』

284『もう…終わりかぁ…どうしてこうなっちゃうんだろうね…折角貴方と会えたのに…ごめんね…こんな終わり方で…最後に1つだけ…1つだけでいいから聞かせて?貴方にとっての私って…なんでしたか?』

285『僕がこの世界の王…支配者だ…支配者には誰も逆らっちゃいけないんだよ?それを君はわかってるのかな…ふふっ…僕に逆らうやつは要らない…さっさと消え去れ』

286『ああ…憎い…僕からあの子を奪ったあいつが憎い…それを許したこの世界が憎い…そしてこの世界を作った神が憎い!!あいつもろとも全てを破壊してやる…僕の復讐はもう止まらない…』

287『ふふっ…ねぇねぇお兄ちゃん?私ってね…お兄ちゃんの事が大好きなんだぁ…お兄ちゃんも私が好きだよね?好きじゃないなんて…有り得ないもんね…お兄ちゃんは私の物…誰にも渡さないんだから』

288『もう…あの時から何年…何ヶ月経っただろう…私と貴方が過ごした日々は…とてもあったかくて…貴方が私の全てだったんだよ…今頃貴方は何をしてるのかな…貴方が残してくれた言葉は…今でも私の胸に刻まれてる』

289『ねぇ…僕…君が好きなんだ…君が大好きなんだ…好きな人を自分だけの物にしたいってのは…変なことじゃないよね?君の全てが欲しい…君の真っ赤な心臓…僕に頂戴?』

290『なぁ…どうして俺から逃げるんだ?お前は誰の物だ?ほら…答えろよ…ははっ!まだわかってなかったのか…お前は俺の物…俺だけの物だ…お前の身体も…心も…俺色に染め上げてやる』

291『あのね…貴方に最後に伝えたい事が有るの…好き…大好き…今まで…ありがとね…泣かないで…貴方が泣いてると…胸が…心が痛くなる…ほら…涙を拭いて?またいつか…会えたらいいね…またね』

292『ねぇ…君…誰に手を出したかわかってる?あの人は私の物よ…誰にも絶対に渡さない…あの人が私だけの物にならないならあの人と一緒に死んでやる!!だからあの人から手を引きなさい』

293『まだあんた達はわからないの!?いくらあんた達が私達をけなしても…暴力を振るってきても…私達はあんた達なんかには負けない!私達はずっと一緒に居るって約束までしたんだ…これ以上邪魔しないで!』

294『お願い…私を信じて…私は貴方をずっと…ずっと想ってた…貴方が人を信じられないのはわかってる…でもね…たとえ世界が貴方を否定しても…たとえ誰もが貴方を拒絶しても…私だけは貴方を愛してます』

295『もう!いつになったら私の想いに気づいてくれるのよ!私はこんなにも貴方が好きなのに…言わなきゃわからないの?私は貴方が好きって言ってるの!恥ずかしいなぁ…もぅ』

296『そ、そんなに見つめないでよ!は、恥ずかしいじゃない…だ、だからってもっとこっち見んなぁ!も、もぅ……あ、貴方が好きなんだからしょうがないじゃない』

297『あ、あのね…これあげる…あ、貴方のために作ってあげたんだよ?貴方以外には作らないんだから…ど、どう?美味しい…かなぁ?』

298『ねぇ…寂しい…怖い…寝れないよ…お願い…今だけ…今だけでいいから…隣で一緒に寝ても…いいですか?』

299『その…昨日はごめんな?あんな事言って…でもな?俺はお前が心配だからあんな事言ったんだよ…ああもう!!いい加減気づけよ…俺はお前が好きなんだよ!お前が辛い顔してるのなんて…見たくないんだよ』

300『どんなに離れても…どんなに大きな壁が立ちはだかっても…俺はお前の事が好きだ…今は少しだけ離れ離れになっちゃうけど…絶対また…お前に会いにいく…だから…だから忘れないでくれ…俺とお前が過ごした想い出を』

作成者:ライラ